生活のための資金が不足したとき、取るべき対策をシーン別に紹介します。

生活資金の借入

 

小銭しか持っていない手のひら

 

生活資金の借入をする場面は主に以下のシチュエーションがあります。

 

  • 娯楽でお金を使いすぎて生活費がショートした
  • 結婚式へ呼ばれる、賃貸住宅の更新費など一時的に生活費が圧迫する状況
  • 教育資金(入学金・教材費など)
  • 医療費、介護費による出費の増加
  • トラブルによる大きな出費(車の故障・トラブルによる賠償金など)
  • 収入の減少(勤務先不景気によるボーナスカット、勤務時間の縮小など)
  • 収入を失った(失業・病気による休職など)

 

上記は一例ですが、大きく分けて出費が増える状況と収入が減少する2つのパターンに分かれます。

 

また、生活資金の借入にはフリーローン目的別ローンがあるので、状況に応じて正しい借入商品を選定することが大切です。
シチュエーション別に借入先の選定方法と注意点をまとめました。

 

必要資金の金額と返済額が重要

 

生活資金の借入は消費者金融・銀行のカードローン・クレジットカードのキャッシング機能・目的別ローンなど幅広い借入商品があります。
収入が減った場合や既存の借入残高が多い場合は選択肢が限定されますが、手数料の安さだけではなく、手数料と手間のバランスを考慮するとよいでしょう。

 

たとえば生活費が僅かに不足して、一時的な借入で対処できる場合は借入先によって必要な手数料の差が僅かです。
この場合は、手続きが面倒で審査に時間のかかる借入先よりも、手軽に利用できる消費者金融やカードキャッシングがおすすめです。
教育資金や車の故障による修理費など、まとまった金額が必要で長期間の分割返済を希望する場合は、手数料の安い借入方法を重視するとよいでしょう。
借入方法による手数料の違い手数料・利子の負担がある生活資金の借入のページで解説しています。

 

お金を借りて対処する必要性

 

生活費が不足した場合は、借金をせずに出費を抑えて乗り切れるケースがあります。
しかし、生活費を無理に削りすぎると、長期間にわたって影響が残る恐れがあるので注意しましょう。
出費を抑えることで生じるデメリットの一例をご覧ください。

 

失墜する信用

 

  • 友人知人からの信用を失う
  • 付き合いが悪いと思われる、結婚式の祝儀や葬儀の香典費用をケチって非常識だと思われるなど

     

  • 家族(特に子供)へ悪影響が出る
  • 塾などの習い事をさせないことによる学力低下、食費を削って栄養不足になる成長への弊害など

     

  • 家族の負担増
  • いきすぎた節約生活による精神的ストレス、介護など家族の負担を減らすサービスの削減による肉体的負担など

     

  • 社会的信用を失う
  • 各種支払いが滞った場合など

 

 

 

特に注意しないといけないのは、各種支払いが滞る社会的信用の失墜です。ローンの返済が滞ると将来的に借入をできないブラックユーザーの扱いを受けます。
また、電気・水道・携帯電話が止められ、携帯電話が強制解約になると同じキャリアで再契約できない、家賃の長期滞納があると立ち退きを迫られるなどの問題に発展します。

 

なるべく借金をしないように心がけることは大切ですが、僅かな借入手数料をケチったことで、将来にわたって生活環境が不利な状況へ追い込まれることがあるので注意しましょう。
お金を借りて生活費の不足を乗り切ることは、現在の生活を守れるメリットがあります。
生活費の節約以外にも、親や知人などの個人からお金を借りる方法や、会社の前借りといった方法があります。

こうした個人間の信用に関連する金策も同様に信用を失うリスクがあり、業者からの借入とは違って、滞りなく返済しても信用を失う恐れがあるので注意してください。

 

信用を無くして絶望する男性

 

ただし、借金をして確実に返済できる自信がない場合は、プライドを捨ててでも身内からお金を借りる相談をすることが有効な場面があります。
状況によっては生活福祉資金貸付制度など、生活費を目的にした公的融資で手数料を節約することが可能です。
なるべくお金をかけずに資金調達して乗り切りたい方や借金を返済する自信がない方は、コチラの記事をご覧ください。

生活資金が底をつく前に…個人の借入シチュエーションを事情別に解説~記事一覧

手数料・利子の負担がある生活資金の借入について貸金業者による手数料・利子の負担があるサービスを利用して、生活資金の借入をする方法をまとめました。手数料の比較をはじめ、手数料が優遇されるための条件、審査の厳しさなど気になるポイントを解説しているので、是非参考にしてみてください。大手消費者金融金利3.0~18.0%初回適用金利の目安15.0~18.0%その他手数料提携ATM(コンビニATM)の利用手数...

手数料・利子の負担がない生活資金の借入について生活資金の借入は、手数料・利子の負担なしで対処できる手段があります。信用を失うリスクもありますが、状況に応じて上手に活用するようにしましょう。個人的な借入のほか、生活福祉資金貸付制度など公的機関から借入できるサービスも紹介しています。親族から借りるメリット高額なお金を貸してくれるケースがある遅延・貸し倒れ時に柔軟な対応を期待できる滞りなく返済すれば信用...