事業資金のための借入は、窮地を脱する以外の目的を持っています。

事業資金の借入

 

お金を融資してもらう

 

事業資金を借入する場面は、運転資金などお金がショートして窮地を乗り切るシチュエーションと、事業投資など売上・利益を伸ばすためのポジティブな目的のパターンがあります。
業種やスタイルによって変わりますが、事業は資金調達の可否で優劣が発生することが多く、個人の生活費目的の借入とは違う特性を持っています。
事業資金の借入をする際に覚えておくと便利な知識を、金策のマル秘テクニックを紹介いたします。

 

銀行融資や公的融資は時間がかかる

 

安い手数料で借入する場合は銀行融資や公的融資の需要が高いですが、申込手続きと審査に時間がかかってしまいます
個人向けの借入商品は、給与所得を得た過去の実績と遅延していない借入履歴さえあればスムーズに審査が通るケースが多いです。

 

それに対して事業資金の借入は決算資料から過去の実績を確認することに加え、事業計画書で将来滞りなく返済できる見込みを証明しないといけません。

もちろん、銀行との付き合いで柔軟な対応をしてもらえるケースもありますが、手数料の安い借入手段は時間の問題がネックになることを覚えておきましょう。
そのため、まとまった事業資金をスピーディーに借入したい事業者は、まずはビジネスローンや不動産担保ローンをつなぎ融資として活用し、銀行・公的融資が決まってから借り換えをする手法が人気です。

 

また、ベンチャー企業など借入実績と審査に通りやすくする手法を認知していない事業者に向けて、資金調達をサポートするコンサルサービスが普及しています。
借入金額によっては金利差による利子の差額が莫大な金額になるため、借入先以外に手数料を払ってでも好条件で借入するメリットが大きい場面がたくさんあります。

 

借入方法による手数料の違い

手数料・利子の負担がある事業資金の借入の記事をご覧ください。

 

将来の銀行融資を見据えた金策

 

事業経営は銀行など、まとまった資金調達に強い借入をいつでもスピーディーにできる環境が大きな強みになります。
そのため、借入手数料や手間よりも、将来の融資を有利する金策を行われる事例があります。
事業資金の調達で将来の銀行融資を有利にするための金策は主に以下の2パターンです。

 

  • メインバンクとの付き合いを重視
  • 担当営業マンから件数が足りないから借入してくれと頼まれて応じる。(銀行に貸しを作る)

  • 少額の資金ショートは借入以外で対処する
  • 少額の資金ショートでビジネスローンを利用して残高が残っていると銀行融資が不利になるため、借入にはならないファクタリングなどで対処する。
    ファクタリングの場合は一時的にオフバランス化されて財務状況を良く見せられるメリットがあります。

 

メインバンクとの付き合い

 

このほかにも、銀行融資を有利にするために決算の数字をよくすると税金が高くなる影響を考慮し、手数料が高くてもファクタリングや不動産担保ローンをフル活用して、徹底した税金対策を行うケースがあります。
このように、事業資金の借入は目先の手間や手数料だけで判断してはいけません。将来の事業運営を有利にするための手段を見極めるように心がけましょう。

 

スピードが求められる場面

 

事業資金は全て期日までに滞りなく払う必要があります。
取引先への支払い・仕入れ・従業員への給料など、どれかひとつの支払いが1日遅れただけでも信用を失い、将来の取引量や従業員の離職率に影響が出てしまいます。

 

また、クレーム対処や受注可否に影響する事業資金は1日でも早く調達もしくは確実に調達する目処を立てることが重要です。
クレーム発生時に資金調達の遅れから対応が後手に回ると、より大きなクレームに発展してしまいます。

 

資金調達しないと受けられない仕事の話が入ってきた時は、結論が遅くなると他の業者に仕事を取られるケースがあります。
融資実行日および審査の回答日が1日違うだけで状況が大きく変わることがあるため、必要に応じて高額な手数料を払ってでも、スピードを重視した借入方法を選択しましょう。
事業資金の調達は、常にメインバンクからの借入と決めつけるのではなく、幅広い選択肢の中から状況に応じて使い分けることが大切です。

 

手数料・利子のない借入が拡大

 

会社の売上を計算する

 

売上そのものが落ち込んでいる小規模事業者は、借入に関する手数料の負担が命取りになってしまうことがあります。
経営難で余計なコストを払えない状況では、公的融資など手数料・利子の負担がない借入で対処できるかもしれません。
当サイトでは新型コロナウイルスの緊急対応で2020年3月17日よりスタートした無利息・無担保の緊急融資制度を含め、事業資金をお得に借入する最新情報を幅広く紹介しています。

事業資金の借入は時と場合に応じて-将来を見据えた立ち回りが最重要~記事一覧

手数料・利子の負担がある事業資金の借入について事業資金は借入先が豊富で、手数料・利子や審査内容、対応スピードに大きな違いがあります。事業資金の借入の中で、手数料・利子負担のあるサービスの特徴をまとめました。ファクタリングなど借入以外の資金調達法も紹介しているので、資金難で困っている事業者の方はチェックしてみてください。公的融資金利1.5~8.0%審査で重視されるポイント事業計画書その他の手数料コン...

手数料・利子の負担がない事業資金の借入について昨今は新型コロナウイルスの影響によって、国が主体する事業資金向け無担保無利子融資が注目を集めています。事業資金の借入でも方法次第ではコストをかけずに利用できるので、売上・利益そのものが衰退している事業者の方は積極的に検討してみてください。個人事業主でも利用できる手段を中心に、手数料・利子の負担なしで利用できる事業資金の借入方法をまとめました。手数料・利...